サッカーゴールキーパー練習帳

サッカーを始めて3年で地区代表候補になった管理人がゴールキーパー初心者向けに練習方法や得た知識・経験を紹介しています

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

チームが守備をしている時って、どんな声を出せばいいの? その1



ゴールキーパーが、声を出す時の基本は、先の展開を見極めて 『大きな声で、短く、わかりやすく伝える』 ことです。プレー中、状況は刻一刻と変わっていきますので、長々と伝えている暇がありません。ですから、『大きな声で、短く、わかりやすく伝える』ことを心掛けてください。

僕は、たまにチームメイトから、 「時々、なんていっているのか聞こえない!!」 と言われたことがあります。そうはいっても、大きな声イコール怒鳴るわけではありません。状況に応じて、味方を激励する時、集中する時、勇気づけるときなど、気持ちを入れて伝えることが大切です。それではまず、味方が守備をしている時に、どんな声を出せばいいのか?についてお話していきます。


ディフェンス(守備)編
ディフェンス その1   味方にボールを大きく蹴り出して欲しい
   ヘディングで大きく跳ね返して欲しい


   「クリアー」、「大きく」、「大きく外に」 など






ディフェンス その2   敵の選手に味方の選手をつけさせたい
                
   ここでは、、一番左端のウサギ君がボールに気を
   取られて、左端のネコ君のマークが甘くなっている
 
   
   「○番つこう(つけ)」、「右(左)つけ(来るぞ)」、
   「○番みろ」、「前(後)つこう(つけ)」
 など 




ディフェンス その3   ボールを持った敵の攻撃する方向を限定させたい

   図の場合は縦方向

   「縦切れ(消せ)」、「中切れ(消せ)」、「外切れ
   (消せ)」、「右(左)切れ」
 など





ディフェンス その4   ボールを持った敵の攻撃する方向を限定させたい

   図は真ん中のウサギ君が右方向に切った場合

   「縦切れ(消せ)」、「中切れ(消せ)」、「外切れ
   (消せ)」、「右(左)切れ」
 など




※ これは、僕の経験や、現役時代に様々な方に教えていただいた内容をまとめている
ものです。また、あくまでも僕が経験してきたことであって、練習の成果等を保証している
ものではありません。あらかじめご了承下さい。





関連記事

| コーチング | 19:22 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://soccerkeeper.blog79.fc2.com/tb.php/9-4380069a

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。