サッカーゴールキーパー練習帳

サッカーを始めて3年で地区代表候補になった管理人がゴールキーパー初心者向けに練習方法や得た知識・経験を紹介しています

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

キーパーグローブの修理方法



キーパーグローブは消耗品ですので、短期間のうちに壊れてしまいます。頻繁に買うわけにもいきませんので、 (もちろん、そうでない方もいますが) 少しでも長持ちさせたいものですね。そこで、 普段からお手入れをしっかりしておくことや、『練習用』、『試合用』というように、用途ごとにグローブを使い分けていくことが結構大切 になってきます。その方が、そこそこ長持ちするからです。そこで今回は、グローブの修理方法についてお話していきます。


【キーパーグローブの修理方法】
400.png1.右の図のように、“ペロン”と
  剥がれかかってしまったり、
  小さな穴が開いてしまった場
  合は、そのまま放置せずに、
  すぐ修理します。

2.まず、修理する前にグローブ
  を洗って乾かしておきます。
  グローブの洗い方や、乾かし
  方が分からない場合は、
  『キーパーグローブのお手
  入れ方法とは?』
 
 を参考
  にして下さい。  

3.グローブが乾いたら、修理したい場所にグローブ用リペア剤を塗っていきます。この時、
  グローブの表面だけでなく、グローブの内側からもグローブ用リペア剤を塗るようにして
  下さい。その方が、より丈夫になります。また、乾いてくるとゴムのようになりますので、
  最低でも1日は乾かしてから使うようにして下さい。

※ 穴が大きかったり深かったりする場合は、3~4時間乾かした後、重ね塗りして下さい。


【グローブ用リペア剤のデメリット】
グローブ用リペア剤は、とても便利なものですが、万能ではありません。以下にデメリットをまとめてみましたので、参考にして下さい。

・広い部分や大きな穴を補修する場合には向いていない。
 (修正部分が小さい内に修理する事が大切)

・水などで濡らすと剥がれてしまうことがある。

・修理して少し時間が経つと滑りやすくなる。


僕は、何度修理してもすぐに穴が開いてしまったり、滑り止めのムースを使っても効果がなくなってきた時に、グローブを買い換えていました。期間で言えば、大体3ヵ月から4ヵ月だったと思います。試合用では使えなくても、練習用では使えたりしますので、最後まで大切に使いたいものですね。


※ これは、僕の経験や、現役時代に様々な方に教えていただいた内容をまとめている
ものです。また、あくまでも僕が経験してきたことであって、練習の成果等を保証している
ものではありません。あらかじめご了承下さい。





関連記事

| キーパーグローブ | 18:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://soccerkeeper.blog79.fc2.com/tb.php/81-648570df

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。