サッカーゴールキーパー練習帳

サッカーを始めて3年で地区代表候補になった管理人がゴールキーパー初心者向けに練習方法や得た知識・経験を紹介しています

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

正ゴールキーパーは、どうして1番なのか?



昔、コーチから、 「スポーツでは、一番重要なポジションが、背番号1番をつけるんだ!」 と教わったことがあるのですが、真意の程は定かではありません (笑) 僕は、どのポジションも重要だと思っているので、 「どこのポジションが一番重要か?」 なんてないと思っています。ところで、ゴールキーパーが1番の背番号となるまでには、こんな歴史がありました。


背番号が正式に義務化されたのは、1939年、日本では昭和14年のことです。意外と最近のことですよね。この当時、1~11番のユニフォームが与えられていました。 『どのポジションが、どの背番号か?』 という規則はなかったようです。ただ単純に、各フォーメーションに合わせて、後ろ(ゴールキーパー)から順番に、背番号が与えられていました。

そして、1965年、試合中の交代が認められるようになると、交代する選手は12番、次に交代する選手は14番という形で背番号が与えられたそうです。



日本では、Jリーグ発足後、スタメンには1~11番、控え選手には12~16番が与えられる変動背番号制を採用していました。その後、1997年、選手の認知度を高めるために、固定背番号制へと変更し、年間通して、選手が好きな番号を付けられるようになりました。

今でも、若干、昔の名残は残っていますが、背番号が持つ本体の意味や役割は、失われつつあるといえますね。このような経緯で、ゴールキーパーは背番号1番となったのでした。





関連記事

| Q&A | 14:32 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://soccerkeeper.blog79.fc2.com/tb.php/63-6c085c2b

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。