サッカーゴールキーパー練習帳

サッカーを始めて3年で地区代表候補になった管理人がゴールキーパー初心者向けに練習方法や得た知識・経験を紹介しています

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

サッカーシューズのお手入れ方法



キーパーグローブと同様、シューズもきちんとお手入れしていきたいものです。最初は、面倒臭く感じるかもしれませんが、習慣にしてしまうと意外と慣れてきます。日頃、とてもお世話になっている道具のひとつですので、こまめにお手入れして長持ちさせたいですね。それでは、具体的なお手入れ方についてお話していきます。


素材によって変わるお手入れ方法
シューズの素材によって、お手入れ方法は変わっています。ですから、自分のシューズがどんな素材で出来ているのかを把握しておく事が大切です。また、靴紐は緩めておくか、汚れがひどい場合は、靴紐を外してしまった方が洗いやすいです。そして、中敷を取り出して陰干ししておきます。

天然皮革で出来ている場合
表革を綺麗にする時は、柔らかい白い布に少しだけクリーナーを付けて、靴の底部より上の部分(甲被全体)に薄くこすり付けて汚れを落としていきます。そして、シューズの色が黒い場合は、黒いシュークリーム、白い場合は白いシュークリーム、それ以外の場合は無色のシュークリームを隙間なく塗っていきます。最後に、柔らかい白い布で拭いて、よく磨きます。
※ できるだけ、水洗いは避けるようにします。

裏革・起毛皮で出来ている場合
毛で出来ているブラシ、または、ナイロンで出来ているブラシで丁寧に汚れを落としていきます。汚れを落としたら、風通しの良いところで乾かして、最後にもう一度ブラシをかけて仕上げます。



人工皮革・天然繊維・合成繊維で出来ている場合
柔らかい白い布でさくっと水拭きすれば、大体汚れは落ちます。もしも、汚れが残ってしまったら、クリーナーを使うといいです。更に、それでも汚れがひどいという場合は、シューズを水でよく湿らせてから、シューズ用のシャンプー・クロス用を使って洗っていきます。洗い終わったら、白い布や白い紙などを詰めて型崩れしないようにしてから、風通しがいい日陰に干して乾かします。シューズが乾いたら、人工皮革のみ、シューズの色に合ったシュークリームを使って磨いていきます。

シューズ用のシャンプーを使用する場合は、十分すすぎと脱水を行うようにします。また、汚れが落ちやすくなるかと思って、シャンプーをかけたまま放置しておくと、シューズが一気に傷んでしまいますので、注意して下さい。ちなみに、シューズを長持ちさせるのに一番良い方法は、キーパーグローブと同じように、練習用と試合用のシューズを分けて使うことです。


※ これは、僕の経験や、現役時代に様々な方に教えていただいた内容をまとめている
ものです。また、あくまでも僕が経験してきたことであって、練習の成果等を保証している
ものではありません。あらかじめご了承下さい。





関連記事

| サッカーシューズ | 10:12 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://soccerkeeper.blog79.fc2.com/tb.php/57-f29b140b

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。