サッカーゴールキーパー練習帳

サッカーを始めて3年で地区代表候補になった管理人がゴールキーパー初心者向けに練習方法や得た知識・経験を紹介しています

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ゴールキーパーに握力は必要か?



結論からお話してしまうと、僕としては、そこまで頑張って握力を鍛える必要はないと思っています。 「握力を鍛えた方がいいのかな?」 と悩んでいるということは、 「ボールをうまくキャッチできないんだよね。」 ということだと思うのですが、この場合は、僕の経験からお話させていただくと、握力を鍛えるよりも、 キャッチング の練習を繰り返すことの方が大切です。また、キーパーグローブが汚れていると、滑りやすくなってキャッチしづらいことがあります。


僕が握力を鍛えた理由
僕が、握力を鍛え始めたきっかけは、2つあります。1つ目は、指の怪我が多かったこと。2つ目は、ボールに触れていたのに、ボールの勢いに負けてゴールを決められたこと。この2つのことがきっかけで、指を鍛える必要性を感じました。指の怪我といっても、主に付き指ですが、たかが付き指だと思って、放置しておかない方がいいですね。何度か骨にひびが入っていたことがありました。

しかも、ろくにリハビリもしない状態で、無理をして練習をしていたので、今でも、3本ほど指が真っ直ぐに伸びません。指のリハビリって、ものすごく痛いんですよね。この経験から、僕が学んだことは、キャッチングの技術的なことと、指を鍛えるトレーニング的なことをバランスよく鍛えていっていった方がいいということでした。



握力を鍛える方法
握力を鍛える方法はたくさんあると思いますが、僕がいつも行っていたトレーニングは、指立て伏せとハンドグリップです。ハンドグリップは、スポーツ店に限らす、どこでも売っていますね。最近は、指を鍛える専用のハンドグリップもありますので、 「ちょっと頑張ればできるかな?」 くらいのレベルのものから、始めていくといいと思います。回数ですが、僕の場合は、30回~50回を1セットとして、2~3セット行いました。

また、指立て伏せについてですが、これはあまりお勧めしません。正しいフォームで行わないと、鍛えるどころか、怪我をしてしまいます。もし、 「やってみたい!」 という方は、ハンドグリップである程度鍛えてから、無理せずやってみるといいと思います。

注:ハンドグリップがない場合は、両手を胸の前に真っ直ぐ伸ばし、手のひらを開いたり握った
  りする動作を素早く繰り返します。100回1セット、2~3セットが目安です。ポイントは、し
  っかり手のひらを開き、しっかり握る動作を素早く繰り返すことです。


※ これは、僕の経験や、現役時代に様々な方に教えていただいた内容をまとめている
ものです。また、あくまでも僕が経験してきたことであって、練習の成果等を保証している
ものではありません。あらかじめご了承下さい。





関連記事

| Q&A | 14:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://soccerkeeper.blog79.fc2.com/tb.php/50-57a34e59

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。