サッカーゴールキーパー練習帳

サッカーを始めて3年で地区代表候補になった管理人がゴールキーパー初心者向けに練習方法や得た知識・経験を紹介しています

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ゴールキックの練習風景



今回は、ゴールキックの練習風景の動画をご紹介したいと思います。これは、海外の映像なので、正直、何を言っているのかはわかりませんが、映像の途中で何度か出てくる解説の文章を、僕なりに和訳してまとめてみましたので、参考にして頂けたら嬉しいです。


ゴールキックを蹴るときのポイント
映像の中で、ludwinコーチは、 「ゴールキックは、力よりもむしろボールをける正しい技術の方が重要だ。」 と話しています。具体的にまとめると、以下の通りです。

1.軸足は、ボールからあまりに遠かったり、近すぎたりせず、適切な位置に踏み込むこと。
2.若いキーパーによくあるミスは、ボールを蹴る際に足首を固定していないこと。
3.ボールの中央より少し下を蹴るようにすること。
4.軸足の最後の一歩は、正しい方向・距離にボールを蹴るために重要。
5.インパクトの音は、キックの質の違いを教えてくれる。
6.ボールからあまりに遠い所に軸足があると、ボールが浮かなかったり、遠くへ飛ばない。
7.ボールをインパクトする場所は、シューズの紐の結び目辺り(足の甲の高い所)。



当たり前のことしか話していなかったのですが、ludwinコーチのキックを見ていると、それほど力を入れて蹴っているわけではないことがわかりますね。この映像の最後の方では、キック練習する様子が出ていますので、蹴った後のボールの軌道を参考にして、始めはludwinコーチの真似をすることから、始めてみると良いかもしれません。

また、映像では、シューズの紐の結び目辺り(足の甲の高い所)でインパクトすると説明していましたが、僕の場合は、足の甲ではなくて、親指の付け根の横辺りでインパクトしていました。どちらが正しいという事はないので、蹴りやすい方法を試してみることをおすすめします。


※ これは、僕の経験や、現役時代に様々な方に教えていただいた内容をまとめている
ものです。また、あくまでも僕が経験してきたことであって、練習の成果等を保証している
ものではありません。あらかじめご了承下さい。





関連記事

| おすすめ練習動画 | 19:38 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://soccerkeeper.blog79.fc2.com/tb.php/48-d565026f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。