サッカーゴールキーパー練習帳

サッカーを始めて3年で地区代表候補になった管理人がゴールキーパー初心者向けに練習方法や得た知識・経験を紹介しています

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

パントキックのコツ



手から離したボールを、バウンドさせる前に空中で蹴るのが“パントキック”です。一度ワンバウンドしてから蹴る、“ドロップキック”の方が飛距離が出やすいと思いますが、“パントキック”の方がコントロールしやすいので、このサイトでは“パントキック”についてお話していきます。

プロの試合などを見ていると、下の左から2番目の図のように、片手でボールを持ってボールが地面に落ちる前にボールを蹴っていますよね。僕の場合は、片手でボールを持つやり方で蹴ろうとすると、いつも蹴るタイミングがバラバラになってしまい、上手くけることが出来ませんでした。

なので、腰よりちょっと高い位置から、両手でボールを落として蹴っていました。これは、特に決まっていませんので、片手でも両手でも構わないと思います。


次に、蹴る時のポイントについてですが、図と合わせて解説していきたいと思います。


キック キック キック   キック


1.ボールは、腰よりちょっと高い所から落とすと蹴りやすいです。

2.軸足の最後の一歩は、かかとから大きく踏み込むようにします。

3.蹴る方の足は大きく振って、膝から下の振りを早くします。

4.蹴る前も蹴った後も、ボールから目を離さないようにします。

5.ボールを蹴った後に体重移動させていくと、ボールの伸びが違います。
  


パントキックの場合は、自然とボールの下を蹴る事になりますので、地面にボールをおいて蹴るときよりも蹴りやすいと思います。また、練習をし始めて日が浅い場合は、 飛距離よりも狙った所にボールが飛ぶように練習すること をおススメします。


※ これは、僕の経験や、現役時代に様々な方に教えていただいた内容をまとめている
ものです。また、あくまでも僕が経験してきたことであって、練習の成果等を保証している
ものではありません。あらかじめご了承下さい。





| パントキック | 01:21 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

とても魅力的な記事でした!!
また遊びに来ます!!
ありがとうございます。

| 面接の志望動機 | 2013/04/11 12:01 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://soccerkeeper.blog79.fc2.com/tb.php/31-52d6ab36

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。