サッカーゴールキーパー練習帳

サッカーを始めて3年で地区代表候補になった管理人がゴールキーパー初心者向けに練習方法や得た知識・経験を紹介しています

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ゴールキックを飛ばすコツ その1



初心者の頃は、なかなかボールが飛ばなくて、悔しい思いをすることがあると思います。そう言ってる僕も、その中の一人でした。ボールを遠くへ飛ばそうとすると、どうしても体の色んなところに力が入ってしまって、飛距離が出にくくなりますし、足を痛める原因にもなります。ここでは、僕が現役時代に慕っていた先輩から教わった、※1プレースキックの蹴り方についてお話していきます。

※1 ゴールキックの時などに使用する蹴り方のこと



僕がキック練習をしていく中で、いつも自分に言い聞かせていたことは、 “初めから遠くへ飛ばそうと思わない” ということです。飛ばそうと思って蹴れば蹴るほど、どんどん変なところに力が入って、ボールが飛ばなくなっていきます。ですから、まずは “ボールへのインパクトをしっかりすること” に集中して練習しました。


『インステップで蹴ろうか? それともインフロントで蹴った方がいいのか?』についてですが、僕の場合は、インフロント気味に蹴っていました。具体的にいうと、下の写真のようにインパクトの瞬間は、ボールの下に足を差し込むようにして蹴る感じになります。

キック キック

この蹴り方を練習し始めた頃は、どうしてもつま先辺りで蹴ってしまっていたのですが、 “蹴る” という感じではなく、 “足をボールに当てにいく” 感じで練習するといいと思います。

練習方法としては、下のイラストと写真ように、誰かにボールを足で押さえてもらい、 『軸足をしっかり一歩踏み込んでからボールを蹴る』 動作を繰り返していきます。

キック  キック

回数は特に決まっていませんので、ただ練習の回数を多くするのではなくて、しっかりインパクト出来ているか?感覚を確かめながら、意識して練習するといいと思います。上達してくると、だんだんインパクトが出来ているときの感覚がわかってきますので、その感覚が分かってきたら、今度はボールを飛ばす方向を意識して蹴る練習をしていきます。

基本的に、 しっかりインパクトすること と、 ボールを飛ばす方向をコントロールすること ができれば、後は筋力を補っていくだけです。それによって、僕の場合は飛距離が変わってきました。ですから、初心者の頃は、ボールを遠くへ飛ばすことばかりにフォーカスしない方が、上達しやすいのでは?と思います。


※ これは、僕の経験や、現役時代に様々な方に教えていただいた内容をまとめている
ものです。また、あくまでも僕が経験してきたことであって、練習の成果等を保証している
ものではありません。あらかじめご了承下さい。





関連記事

| プレースキック | 17:26 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://soccerkeeper.blog79.fc2.com/tb.php/28-3fe34de5

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。