サッカーゴールキーパー練習帳

サッカーを始めて3年で地区代表候補になった管理人がゴールキーパー初心者向けに練習方法や得た知識・経験を紹介しています

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

味方が攻めているときのポジショニング



僕がサッカーを始めた頃、今のように3バック・4バックではありませんでしたので、フィールドの選手のようなスキルは、監督からそれほど求められませんでした。それが、3バック・4バックを取り入れた瞬間から、攻守の切り替えに応じたポジショニングや、ディフェンスのカバーを意識したポジションの取り方など、考えることが増えたように思います。僕だけかもしれませんが・・・(笑)

それでは、早速、“ポジショニングの要点”について、図を使ってお話していきます。


【攻めている時のポジショニングの要点】

まずは、図1と図2を見てください。図1にはアルファベット、図2には数字が書き込んであります。これは何かといいますと、Aのエリアにボールがある場合、ゴールキーパーは、1のエリア内にポジションをとるということです。同様にBは2、Cは3という形になります。

図1

ポジショニング       

図2

ポジショニング


ただ、これは、あくまでも目安程度に考えておいてください。なぜなら、状況などによって若干ポジショニングが変わってくるからです。僕がいたチームは、3バックだったのですが、そのうちの2人はそこまで足が早くありませんでした。なので、味方が攻めている際に、あまりディフェンスのラインを上げることが出来ず、キーパーである僕との距離もコンパクトな感じでした。こういうとき、僕の場合は、ディフェンスからのバックパスを受けやすいポジショニングを意識するようにしていました。

味方のディフェンスとキーパーとの距離間は、プレー中にディフェンスと話し合ったりしながら、どの程度の距離がやりやすいか、よく話し合った方がいいと思います。距離の目安としては、20メートル前後といわれているようですが、実際に練習や試合をしているときに20メートルなんて距離を意識した事はありません。

こればかりは、何回も練習しながら、ベストな距離を見つけるしかなさそうですね。



※ これは、僕の経験や、現役時代に様々な方に教えていただいた内容をまとめている
ものです。また、あくまでも僕が経験してきたことであって、練習の成果等を保証している
ものではありません。あらかじめご了承下さい。



【送料無料】川口能活証

【送料無料】川口能活証
価格:1,300円(税込、送料別)



関連記事

| ポジショニング | 10:32 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://soccerkeeper.blog79.fc2.com/tb.php/22-3f924fb0

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。