サッカーゴールキーパー練習帳

サッカーを始めて3年で地区代表候補になった管理人がゴールキーパー初心者向けに練習方法や得た知識・経験を紹介しています

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ゴールキーパーのセービング方法とは



僕が現役だった時、まだ若かったということもありますが、むやみやたらにセービングをしていた時期がありました。見た目もハデだし、止めるとかっこいいですからね(笑)でも、それってポジショニングが出来ていないってことなんです。確かに、セービングが必要な時もあります。だけど、ポジショニングが上手な選手を見ていると、セービングする機会が少ないです。

元日本代表ゴールキーパーだった楢崎選手が、以前、どこかの雑誌の取材に、 「しっかりポジショニングして、体の正面でボールをキャッチしていきたい。」 と話していたことがありました。各選手のプレースタイルや、各チームコーチの指導方法にもよりますが、 「“ポジショニングをしっかりして、体の正面でボールをキャッチする”ことが大前提だ!!」 と考えながら、僕は練習していました。

ちなみに、セービングの練習は、地面が柔らかい場所でやった方がいいです。もしも、 「土の上でしか練習できない!!」 という場合は、小石などの固いものを取り除いてから、練習を行うようにしてください。それでは、これらのことをふまえた上で、セービングの基本についてご紹介します。


【セービング 基本編】

言葉だけで説明すると、とてもわかりづらいので、簡単な練習方法を交えてお話します。1から3は、自分の頭の中でイメージするだけです。なぜ、イメージすることが必要かといいますと、ただセービングする練習を繰り返しているだけでは、実践で使えないからです。練習の段階から、試合を意識して取り組んでいくと上達が早くなります。


キャッチング  1.キャッチングのところで紹介した、基本姿勢になります。

  2.頭の中で、敵のプレーヤーが攻めてきている様子をイメ
    ージしてみましょう。

  3.敵プレーヤーの足元から、ボールが離れたところをイメ
    ージしてみましょう。
  ※ セービングする際の絶好のタイミングは、敵の足から
    ボールが離れている瞬間です。




キャッチ
4.左斜め45度前方辺りに一歩踏み込ん
  で、滑り込むようにしてボールをキャッ
  チしに行きます。

  この時、怖がって手だけで取りに行こ
  うとすると失敗しやすいです。 体全体
  で取りに行く勢いで、ボールをキャッチ
  しに行くようにしましょう。


キャッチ5.キャッチした後は、体をボールにかぶ
  せるようにしてボールを守ります。

  たくさんの回数を行うことよりも、初めは
  ひとつひとつの動作を確認しながら行う
  ようにするといいと思います。




これを、まずは左右5~10回ずつ行ってみてください。集中力が切れてしまうと練習になりませんので、回数を増やしたいときは、左右10回ずつを2~3セットという風に、分けて行うようにするといいでしょう。上達してくると、自分でもわかるくらい、スムーズにボールを取りに行くことが出来るようになります。

以前、元日本代表女子の正ゴールキーパーだった方に、お会いする機会があったのですが、セービングの基礎を教わったところ、流れるように滑り込んでボールを取りに行っていました。素人目で見ていても、僕の技術との差は歴然だったようです。また、正直なところ、プレー中に斜め45度に横っ跳びするなんてことは、ほとんどないです(笑)どちらかというと、真横に飛ぶことの方が多かったです。

プロの試合を見ていても、正直、ほとんど真横ですよね。もちろん、プロの方は、基礎ができているからってことはあると思いますが、そのあたりも意識して練習してみるといいと思います。回数を重ねていくうちに、必ず上達していきますので、焦らずにコツコツ続けてみてください。


※ これは、僕の経験や、現役時代に様々な方に教えていただいた内容をまとめている
ものです。また、あくまでも僕が経験してきたことであって、練習の成果等を保証している
ものではありません。あらかじめご了承下さい。





スポンサーサイト

| セービング | 11:13 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。