サッカーゴールキーパー練習帳

サッカーを始めて3年で地区代表候補になった管理人がゴールキーパー初心者向けに練習方法や得た知識・経験を紹介しています

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

パンチングってどんな風にやるの?



僕が現役の時は、パンチングのやり方なんて、教えてもらえませんでした(笑)ですから、自分で上手なゴールキーパーのマネをしたり、プロの選手のマネをするしかありませんでした。パンチングの基本は以下の通りです。


【パンチング】

・パンチングの基本
パンチング   図のように手を握ります。この方が、力が入
   りやすいのでおすすめです。この時、決し
   て親指を中に入れて握らないようにして下
   さい!骨折します・・・。

   実際に、ボールをパンチングするときは、ボ
   クシングのパンチのような感じで、脇を締め
   て、左下のイラストのような感じで、内側に
   ねじりながら腕を前に出すと、結構遠くまで
                               ボールが飛びます。
               パンチング      
      僕は、クロスボールやコーナーキック、フリ
      ーキックの時に、この方法を使ってパンチ
      ングしていました。

このときのポイントは、ボールの面を、赤丸で囲った拳の面で当てる感じで軽くパンチすることです。ボールそのものに勢いがある場合は、力を入れてパンチする必要はありません。

ボールをはじき出す方向ですが、順番的には、


1.味方に向かってパンチングする

2.敵のいない場所にパンチングする

3.サイドラインに向かってパンチングしてスローインにする

4.コーナーキックにしてしまう


こんな感じですが、初めはなかなか判断が出来ないと思います。僕の場合、そういう時は、まず、敵がいない所を狙うか、サイドラインに向かってパンチングしていました。

それから、これは余談なのですが、至近距離のシュートに対して、拳を作ったパンチングをすると、ボールに変な回転がかかって、自分の方へ戻ってくることが多々あります。まぁ、それがきっかけで失点するわけですが、そうならないためにも、手のひらを開いて、思いっきりボールをはじき出すとよいです。

至近距離からのシュートに限っては、「ボールをどこへ向かって飛ばそう!」なんて考えなくていいです。とにかく、軽い感じでボールに当てて、はじき出すことが大切です。このとき、手に力を入れていないと、指をケガすることがありますので、気をつけて下さい。

・無回転のボールや変化球がきた場合
弾丸シュートを、無理してキャッチしようとすると、掴みきれなかったり、ケガをしたりすることがあります。なので、手を開いたままパンチングしたり、地面にたたき落としてからキャッチした方が安全だったりします。

僕の場合は、敵が周りにいなくて、割と高めの無回転や変化球のシュートが来たときは、地面にたたきつけてからキャッチし、敵が近くにいる場合は、パンチングするようにしていました。でも、僕が現役だった頃は、監督もコーチも、「できるだけすべてキャッチしろ!!」というタイプでしたので、結構つらかったです。所属しているチームの監督やコーチに相談してみるのが、一番かもしれませんね。


※ これは、僕の経験や、現役時代に様々な方に教えていただいた内容をまとめている
ものです。また、あくまでも僕が経験してきたことであって、練習の成果等を保証している
ものではありません。あらかじめご了承下さい。






スポンサーサイト

| パンチング | 20:09 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。